創業49年 沖縄県那覇市小禄地区

新着情報

◆県立入試模擬試験に関して


第3回プレ入試の実施時期と効果

1月は第3回の県内統一プレ入試が行われますが、富士学院ではこの模試は毎年実施を見送っています。
理由は以下になります。
・最終内申が出ていないので、12月に行われた第2回と内申判定が変わらない。
・前回から1か月しか経過していないため、学力点数も大きく変わらない。
・学校推薦を通過者や私立受験者等、参加が減少により標準偏差に狂いがでる。
他にもありますが、費用対効果を考えて1月実施の模試には参加しません。

富士学院では、次のような方式で合否判定の自己取得を行っています。
2月は模試形式での授業を行い、簡易方式で判定を自分で計算できるシートがありますので、これでおおまかに自身の状況を把握できます。

さらに2月後半に最終倍率が決まった後に最終模試を行います。
富士学院では第1~3回のプレ入試の結果の標準偏差を元に、今年の倍率にて判定結果を出すコンピュータシステムを構築しています。
今年の定員の中で何番目にいるか、前回の模試からどのくらい位置が変わっているかなどの必須項目のほか、合否判定が単なるA~Fではなく、上位合格AAA・中位合格AA・下位合格A・審査プラスB・審査マイナスCの段階で出てきます。
詳しくは授業時に順次説明して実施して参ります。
 

 

沖縄県立高校入試関係   2019年01月14日   meister
タグ:入試