創業48年 沖縄県那覇市小禄地区

新着情報

入試

◆県立入試模擬試験に関して


第3回プレ入試の実施時期と効果

1月は第3回の県内統一プレ入試が行われますが、富士学院ではこの模試は毎年実施を見送っています。
理由は以下になります。
・最終内申が出ていないので、12月に行われた第2回と内申判定が変わらない。
・前回から1か月しか経過していないため、学力点数も大きく変わらない。
・学校推薦を通過者や私立受験者等、参加が減少により標準偏差に狂いがでる。
他にもありますが、費用対効果を考えて1月実施の模試には参加しません。

富士学院では、次のような方式で合否判定の自己取得を行っています。
2月は模試形式での授業を行い、簡易方式で判定を自分で計算できるシートがありますので、これでおおまかに自身の状況を把握できます。

さらに2月後半に最終倍率が決まった後に最終模試を行います。
富士学院では第1~3回のプレ入試の結果の標準偏差を元に、今年の倍率にて判定結果を出すコンピュータシステムを構築しています。
今年の定員の中で何番目にいるか、前回の模試からどのくらい位置が変わっているかなどの必須項目のほか、合否判定が単なるA~Fではなく、上位合格AAA・中位合格AA・下位合格A・審査プラスB・審査マイナスCの段階で出てきます。
詳しくは授業時に順次説明して実施して参ります。
 

 

≫ 続きを読む

沖縄県立高校入試関係   2019年01月14日   meister
タグ:入試

◆1月14日以降の授業日程


入試対策及び期末対策期間に入ります

1月14日以降の中学生の授業内容について、概略をお知らせします。
中1・2年生は試験範囲に達していない科目は通常授業を継続、すでに範囲を履修済の科目については範囲内の総復習を行います。
1月後半には理英社の重要項目暗記テストを実施、それ以降は期末テスト対策問題を行います。

中学3年生は教科書内容を終えた科目(本日時点で英語)より、随時中1からの総復習を行います。
中1・2年生の期末用暗記テスト時に、英理社の入試範囲の暗記テストを同様に行います。

月末または2月初より、入試対策問題の基礎編、中盤からは応用編、終盤からは模擬問題と進行する予定です。
全内容を消化するため日曜授業も組み込まれますので、月間予定表配布後は内容を確認しておいて下さい。
 

≫ 続きを読む

富士学院会員情報   2019年01月11日   meister
タグ:お知らせ , 入試

◆第二回県内統一プレ入試


12月1日に第二回プレ入試が開催されます

今週末に第二回プレ入試を行います。時間割等は月間予定表に記載されておりますので、そちらをご覧ください。
志望校が3校まで選択できますので、あらかじめ絞っておいて下さい。
行きたい高校と行ける高校はことなります。内申点を含めた総合判定が出てきますので志望校決定にお役立て下さい。

内申点については、得点だけでなく日頃の授業態度や提出物なども加わってきますので、毎度この時期に男女の差の大きさが目につきます。
特に沖縄県は、内申点が中1からとなることや、入試得点との比率が概ね1:1ということで、非常に内申点が重視される入試制度になっています。

ちなみに有名進学校が多い福岡県や鹿児島県では内申は中3のみで、特に福岡では入試得点との比率は45:300(≒1:7)となっています。
小学生から中学生になったばかりの子供に内申点を意識した学校生活をするというのも少し窮屈な感じがします。
しかし、こうした沖縄県の現行制度の中でも、最終的にはいい結果を勝ち取って行くこと、それを一緒に実践していきたいと考えています。

 

≫ 続きを読む

富士学院からのお知らせ   2018年11月27日   meister
タグ:入試

◆県内統一プレ入試の実施について


本年度の第一回県内統一プレ入試を実施致します。

毎年恒例の沖縄県内統一プレ入試が行われます。主催者側の設定では9月初めの実施になりますが、小禄中の期末テスト対策日程と重複しますので、前倒しということで今週末(8/18)に行う予定です。
既に全員のお申込みをいただいておりますが、内申点の申告用紙が未提出の方がいらっしゃいますのでお早めに提出下さいますようお願い申し上げます。

模試の結果は、得点分析の他、会場内・出身校内・県内の席次、及び志望校3校までの合格判定、内申点の到達率、得点の到達率、総合点での到達率、志望校内での内申偏差値相間表など、事細かなデータが発行されます。自身のデータを詳しく知っておくことは、入試の重要戦略になります。

試験範囲は中1・2の分野を主体にしたもので、中学生活では初めての広範囲の試験になり、普段の狭い範囲での定期テストとは異なる結果も予想されます。
入試の前哨戦という気概で取り組んで下さい。


pre.jpg

≫ 続きを読む

富士学院会員情報   2018年08月15日   meister
タグ:お知らせ , 入試

◆2018年沖縄県立高校入試解答


平成30年 沖縄県立高校入試の回答です。(実施科目順になっています。)

平成30年の高校入試も終わりました。実力は十分に発揮できたでしょうか。小さなミスやうっかりミスが気になる場合は、それだけ正解が多いので点数が高い場合が多いです。
卒業式などの行事を前向きにしっかり味わいながら合格発表を待ちましょう。

以下に解答を掲載していますので、自己採点してみて下さい。

2018年沖縄県立高校入試解答

 

≫ 続きを読む

沖縄県立高校入試関係   2018年03月07日   meister
タグ:入試

◆自己最高点だけを目指して


内申も倍率も変えられないなら最高点を出そう

沖縄県立高校入試まであと少し。あれが出るとかこれが出るとか根も葉もないうわさが飛び交う時期です。問題が漏れていたら一大事なので誰も何がでるかわかりません。
内申点も倍率ももう変わることはありません。合否予想は周りの予想屋さんにまかせて、当日自己最高点を出すことだけを目標に残りの日々を一緒に頑張っていきましょう。

≫ 続きを読む

沖縄県立高校入試関係   2018年02月25日   meister
タグ:入試

◆沖縄県立高校入試に必要な得点


平成30年度沖縄県立高校の必要得点をネット上で計算

平成30年度の沖縄県立高校の初回倍率も本日発表です。こちらでは掲載しませんので沖縄県教育委員会の方で閲覧してください。
内申重視の沖縄県ですが、自分の内申点では合格までに何点必要なのか気になるところだと思います。4.5とか3.8とかで受かる?と質問されても当日何点とれるかで決まります。参考程度ですが、内申点を入力することで合格への必須得点が計算されるシートを掲載しています。会員の方には印刷して配布していますが、ネット上でも計算されますのでご利用してみてください。

〇ご利用方法

1.トップページの左メニュー「高校検索」を開きます。

 ページ下に「◆入試得点計算シート」という項目がありますので、その舌のSTARTボタンをクリックします。

2.エクセル形式のシートが表示されますので、上部の使用方法に従って必要事項を入力して下さい。
 志望校の欄などは下の高校資料タブから表示されますので、コピー後、形式を選択して「値」で貼り付けて下さい。



sheet.png
 

 

 

≫ 続きを読む

沖縄県立高校入試関係   2018年02月07日   meister
タグ:入試

◆2017年入試追跡調査


沖縄県立高校合格基準ライン

受験も近づき、志願書に印鑑を押す時期になってきました。沖縄県内実施のプレ入試などで自身の偏差値や志望校内でも内申の位置を把握している方は、ここで志望校ミスを起こすことは少ないとは思います。
2017年受験生の追跡結果をまとめたものが誠伸社さんかた出版されています。プレ入試を実施した塾に配布されるものですが、かなり信頼できるデータが掲載されています。
この内容に基づいてデータをACCESSに取り込んで抽出できるようにしたものを当サイトの「情報処理」ページでダウンロードできるようにしていますが、普通ACCESSはPCに入っていませんし、スマホでは動作しませんので、PDF形式の一覧表という形で掲載しました。(ページ下部にリンク。同じ「情報処理」のページにもあります。)
県下154学科の内申・得点・偏差値の最高・平均・最低を記載しています。

http://www.fujigakuin.com/report/all2017.zip


 

≫ 続きを読む

沖縄県立高校入試関係   2018年01月24日   meister
タグ:入試

◆那覇国際高校


那覇国際高校の合否基準

那覇国際高校は、内申と得点の比率はそれぞれの偏差値を4:6で合計となっています。その後はABC圏に分け、審議です。この審議というのが少し・・・です。
沖縄県でも二次募集の合格発表の翌日から一か月間、入試得点を口頭による開示請求が可能のようです。
 

 

≫ 続きを読む

沖縄県立高校入試関係   2018年01月12日   meister
タグ:入試

◆那覇高校


那覇高校の合否判定

県立高校の合否判定は、ほぼ公開されていますが内申点と入試得点の比率を微妙に変更している高校もありますので毎年チェックは必要です。富士学院からは那覇高校へ進学する割合が一番多いので、少し記載しておきます。那覇高校の公式サイトからの内容です。

調査書と学力検査の比率は「4.5:5.5」とわずかに学力重視になっています。他府県と比べると内申重視の傾向からは変わりません。難関大学進学を考えると男子を進学校に入れて鍛えた方が沖縄県の将来にもいいと思いますが、内申が稼げない男子には沖縄の県立高校はまだまだ厳しいです。女子の割合が高い沖縄の進学校の状態はまだまだ続きそうです。

 

≫ 続きを読む

沖縄県立高校入試関係   2018年01月11日   meister
タグ:入試