内申点と沖縄県高校入試

4f3caa4b第一回県内統一プレ入試の結果を配布しました。県内での席次や志望校の合格率を目の当たりにして、興奮気味の人や寡黙になる人、さまざま。
得点A判定、内申C判定、総合C判定というのが時々見られます。そして必ずのように中1の時を後悔するセリフが聞かれます。
仕方ないです。誰もがなにかしら後悔しますから。相田みつおのにんげんだものが聞こえてきます。

九州各県の高校入試に関わる内申点の扱いを調べてみました。
・福岡/鹿児島:中3の内申点のみ
・大分/熊本:中3重視の傾斜措置(大分1:1:4 熊本1:1:3)
・佐賀/宮崎/長崎/沖縄:中1~3の内申点

有名進学校中が多い県ほど中3重視の気配がみられます。
中学入学から入試を意識して、親子協力して内申点を上げるために定期テストや提出物などに力を入れて頑張ることにこしたことはありませんし、それは素晴らしいことだと思います。しかし後から気づいても逆転できない環境にしてしまうのは、オトナからマジメでなかったコドモへの報復措置のような気がします。
刑罰にかかわる法律でも更生の機会を与えているのを考えると、現在の入試の制度は少し冷たい雰囲気を感じます。県内の優秀な人物を埋もれたままにしてしまわないことを祈ります。

Comments are closed.