Swype Keyboardを使ってみました

unnamedSwypeKeyboardが日本語に対応とのことですので、先ずはtrial版を試してみました。スマホでも通常のqwertyを使っているので、poboxでもミスタッチが出てときどきイライラすることもありました。
SwypeKeyboardは通常のタッチでも使用出来ますが、keyの上を順番にすべらせるだけで入力できるというものです。多少ミスが有っても自動修正してくれるのか、意外と正確な単語候補が出て来ました。
英字入力モードでも途中で単語候補が表示されたり、「S」キーから「5」への移動で数字キーボードが起動したりといろいろ便利な機能もあります。また入力を自動的に学習し、Gmailや各種SNSの履歴から単語候補を読み込んだりとなかなか賢いところもあるようです。
音声入力、手書き入力も装備されていますが、なぞって入力するという新鮮な動作が楽しくて、スマホの小さい画面での入力も面倒さがいくらか解消された気がします。trialは30日間のようで、製品版でも99円です。Atockの1500円に比べると格安ですね。変換機能も特に劣っている様子もなく、今後の発展も期待できそうです。

Comments are closed.