高校入試対策講座の開始

中学3年生の総合テストも終了し、教科書単元も残りわずかとなりました。今週半ばで残りの単元を履修し、その後は高校入試対策講座を開始します。

中1から中3までの内容を入試用に再編成し約1か月で復習、問題演習・解説解答を繰り返します。来月中盤からは模擬テスト形式での授業も組み込まれていきます。
通常の授業と異なり、1回の授業内容が広範囲になるので、遅刻欠席のないようにしてください。

オンライン用の教材をお持ちの方は、空き時間を活用して中1・2で理解できていなかったところから始めるといいと思います。
解説が必要なところは問題の中の「カメラマーク」をクリック(タップ)します。その問題の解説映像がでますので、その場ですぐ疑問点が解消されます。有効に活用して下さい。

オンライン授業の年間最優秀賞

今年は3月の全国一斉休校や自治体の判断による休校がありました。
12月現在、当時より感染は進んでいますが、休校措置はなくなったようです。富士学院でも休校期間に対応するため、少人数のシフト制やWEB教材の配布など、様々な対応を行ってまいりました。その中でもオンライン授業の導入がもっとも大きな出来事でした。
Zoomなど黒板を写して行う授業の視聴は、10分程度が限界で動画数も限られるため、ほぼ活用されていないというデータがありました。

そこで、種々検討した結果、愛知県の塾さんのノウハウを導入し、全学年全単元をいつでも好きな時間に好きなだけ授業を受けられるシステムを導入しました。
このシステムの機能の1つに、ログインや学習した時間などをポイントで加算し、期間ごとのデータを表示できるものがあります。
月毎のポイント上位者には表彰を行ってきましたが、総まとめとして年間ポイントで表彰を行うこととなりました。
優勝者の副賞にはタブレットセットを用意していますので、大晦日まで受けてみたい授業を選んで頑張ってみてください。

オンライン講習に高校受験対策を追加

中学三年生は1月初旬の総合テストを終えると、本格的な受験対策になります。
富士学院のオンライン講座も今週12月11より、高校受験対策講座を開講します。五教科に対応しており、中1からのすべての単元を履修でき、質問するのが恥ずかしいような簡単な単元も自由に自宅で学習できます。
受講生の方はコンテンツの切替や追加は即日対応になりますので、総合テスト対策後に申し出て下さい。
新規に受講される方は、配布済みの申込書に記入して提出して下さい。
尚、教科書準拠、及び英検対策のオンライン講座も継続して受講できます。

冬期優待募集のお知らせ

毎年恒例の冬期優待募集が始まります。
優待内容は入学金が全学年無料となるもので、対象期間は12/1から29日までの受付分とさせていただきます。

募集対象は小学4年生から中学2年生までとなっておりますが、中学3年生はまもなく数席の増設を行う予定です。
現在空席待ちの方から順次ご連絡させていただきますので、今しばらくお待ちください。
曜日・科目・時間など詳しくは、「講座案内」をご覧ください。

オンライン英検対策は2級まで受講可

オンライン授業の英検対策ですが、2級まで受講できるようになりました。
文法・リーディング・ライティング・リスニング・総合テストの大項目から好きな小単元を選んで、24時間受講できます。
リスニングは問題横のQRコードをスマホやタブレットで読み込むと音声が流れるようになっています。
塾も準会場になりますが、学校で受験した方が、頑張っている姿を先生にアピールできそうなので、そちらをおすすめしています。

グラフ用ホワイトボード

昨年末、黒板を全てホワイトボードに取り替えました。その際、グラフ用の黒板も処分しました。
中学生の数学の分野が全学年とも関数の単元に入っているため、グラフ用のホワイトボードをいろいろと探していました。
ペタンとボードに貼り付けて使用する安価なものもあったのですが、吸着力や表示等の問題もあったため、今回コクヨの暗線入りボードを数台導入しました。目盛がうたれているので、ササッとグラフを描けます。
固定式ではなく移動用の脚もついているので、見やすい位置で説明に役立ちそうです。

2020年度高校入試問題

今年の3月に行われた県立高校入試の入試問題が掲載(ダウンロード可)されています。

リセマム「沖縄県 公立高校入試[問題・正答]」

まだ履修していない単元もありますが、ちからだめしで解いてみるのもいいでしょう。
解答用紙・英語のリスニングデータはこちらに提供されています。

東京学参考書「沖縄県公立高校(リスニング音声データダウンロード付)」

中1・2年の社会理科を取り戻す週(中3用)

9月実施の第一回プレ入試の結果が配布されました。志望校内の順位や内申・得点・総合別の合否判定も出ていますので、志望校選択には重要なデータになります。
A判定が出た学科を持つことで、進路への安心感も生まれます。さらに1つ上のランクを目指して第二回(12月)に挑戦してみて下さい。


さて、1学期の期末テストも終了し、まもなく秋休みとなります。
秋休み明けには実力テスト(中3)が予定されていますので、「中1・2年生を取り戻す本」を昨日配布しました。中学1~2年生で習った社会・理科の範囲から重要な内容を400問の1問1答方式にしています。
今週の16(金)・17(土)の2日間で確認テストを行います。合格次第終了になりますので、この機会に忘れてしまった内容をしっかりと取り戻して下さい。

メルペイとd払いに対応しました

マイナポイント制度が実行中ですが、QR決済のメルペイにd払いが追加されました。
これは2つの決済システムのQRコード共用化によるもので、どちらの支払い方法でも1つのQRコードを読み込むことで決済が完了します。
従来の店舗側でQRを読む形式から、お手持ちのスマホで店頭のQRコードを読み込む方式に変わります。
詳細は決済時にお伝え致します。

現在、富士学院で対応中のキャッシュレス決済は以下になります。

1.店頭
・クレジットカード(VISA/MASTER)
・カードタッチ決済(VISA/MASTER)
・QR決済(メルペイ・d払い)

2.オンライン
・クレジットカード(VISA/MASTER/JCB)

令和3年からの中学教科書採択

令和3年から使用する教科書の採択結果が出ていました。
那覇地区では、国語が光村図書、数学・東京書籍、英語・教育出版(one world)、公民・東京書籍に変更となっています。
理科の東京書籍、地歴の帝国書院は現在と同じ会社の採用となったようです。
特に問題がなければ、同じ会社を使えばいいのでしょうが、いろいろと大人の事情がからんでいるのでしょう。
英語の移行がややこしくなりそうですが、適正に対処していきたいと思います。