エアコンの清掃

air自宅にそれは古いエアコンがあります。パナソニック製で風向きが変わらないぐらいでたいした故障もなく稼働していたのですが、風量が弱まってきました。
数年前に一度内部清掃を業者さんにやってもらったきりです。少し前に除湿機のクリーニングを行なったので自分でやってみることにしました。
コンセントを抜いて、
全面の風向きかえるところを外して、
前の上開きの蓋を外して、
フィルターを抜いて、
ネジを何本か外して全面パネルを外します。ここで熱交換のフィンが登場。
基盤からつながっているコードを抜き下の水受けドレーンを外そうとしましたが、これが排水パイプにつながって抜き方がわからない。無理にやると戻れない可能性があるので、分解はここでストップ。
ドレーンを少しだけひっぱりだして、お皿の中を拭き掃除、真っ黒です。筒型の回転ファンを外すことができなかったので、綿棒で指が疲れるまで掃除。

フィンは霧吹きとは歯ブラシで掃除はじめましたが、だんだん面倒になってきたので、バスタオルを下に敷いてから、ホース引っぱってきて水を流しながら一気にシャワー洗いになりました。
だんだんとフィンが銀色に輝いてきたので水洗い終了。
少し乾かして組み立て直して、スイッチオン。風量が復活し、風も前より冷たくなった気がします。
組立後、手元にプラスチックの小さな部品が1つ残ったことは来年の課題にします。

Comments are closed.